2011年08月13日

vol.12 マッドボール×パンチングコザイクアクション!!

皆さん、お久しぶりです。いつの間にやら・・・週刊ピロスケ、が月間となり・・・ついには年間ピロスケになってしまいました・・・(汗)これからは「週刊ピロスケ」をいったんクローズし新たに始めようと計画中です。今までは主にピロスケ(マッドボール)ネタが多かったのですが、これからは僕自身の生き方や釣りとの向き合い方、GEEKSの今後の動きなどもっと色々な内容のコラムが書けたらな!と思っています。まだまだどのようなコラムにしていくかは色々と考え中なので、もうしばらく気長にお待ちいただけると有難いです。

で「週刊ピロスケ」最後のネタはマッドボールのパンチング!僕の中で2年程前からパンチングで取り入れていた「マッドボールパンチの小細工アクション」を公開したいと思います。まず始めに琵琶湖のマットについて。これは梅雨時期の雨の影響で琵琶湖の"放水量が増え強い流れが発生"します。春から暖かくなるにつれて成長してきたウィードがこの"強い流れや激荒れの波で切れて流され"てしまいます。その流されたウィードがシャローの"抜けなかったウィードや縦に伸びるウィード"などに引っ掛かり、そこにドンドン切れたウィードが集まってきて、濃ーいマットとなっていきます。
mdkzik2.jpg

マットの中には、エビやらギルやらアユやら、季節によって様々なベイトフィッシュが入っています。ボトム付近にいるベイトもいれば、中層にいるベイトもいれば、マットの裏にいるベイトまで様々です。「マッドボールパンチの小細工アクション」はその中でも"マットの裏についているベイト"をイメージしています。
mdkzik3.jpg

まだ出来上がったばかりの琵琶湖のマットは、水の流れがあったり水温が安定していないせいか、"魚のポジションがまだ不安定だったり浮いて"いたりな感じが僕はしています。そんな"できたてホヤホヤなマット"や、"流れが発生している時のマット"で「小細工アクション」が効いている気がします。
mdkzik4.jpg

これはウィードマットに限らず、ヒシモだったりホテイアオイでも同じだと思っています。とにかくベイトフィッシュがマットの裏で何かしていたり、濃いマットがモワン♪と膨れ上がったり(ボイル中)、マットの中でボイルしたり、"バスがマットの裏を意識"しているような感じがしたら一度試してみてくださいね♪
mdkzik1.jpg

*僕の中で表水温が高く、水の動きが無い時にはあまり効かない感じがしています。詳しくは動画を見てください☆

(松下"MBLOW"雅幸)

posted by MBLOW at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | MBLOW days
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47355178

この記事へのトラックバック