2009年08月15日

vol.10 マッテキ☆"釣れるテキサス"講座

お久しぶりです☆
琵琶湖を離れ、1ヶ月程日本-アメリカと遠征してマイリました!
結構ヤラれまくりましたが、これからもガンガン行くぞ♪

さて!今回のマッドボール動画はマッドボール開発のメインコンセプトリグでもある"10g前後のテキサス"篇☆

*動画の撮影時期は6月。ウィードがまだ伸びきっていない状況下。


例年なら8月にはカナダ藻やフサ藻が成長しまくりで"ヘビテキの独壇場!"となるのですが、

今夏(2009年夏)の琵琶湖は、放水量が多く、かなりのウィードが抜けて流されてしまった感があり、さらには水温が上がりきっていない為か、魚が一箇所に留まらず広大なフラットを動き回っている感じがします。

そんな状況下こそ!"10g前後のテキサスリグ"が効果を発揮してきます☆
今年の、梅雨明けも怪しく、ローライト全開で夏空はどこへ?!という琵琶湖のコンディションにピッタリということなんです!!

ぶっちゃけ琵琶湖では時期に関係なく

"背の低いウィードエリアやウィードパッチ"にはメチャクチャ効果的!

なんですね。キンテキ(キンクーテキサス)然り、マッテキ(マッドボールテキサス)然り。

今回の動画ではマッテキのキモ満載!で使い方等も説明していますので、
 「イマイチ釣れないのですが。。夏のヘビテキふらふら
と言う方も、よかったら参考にしてみて下さいねー☆
(松下MBLOW雅幸)




posted by MBLOW at 19:11| MBLOW days